再進学をお考えの皆様へ

「せんせい」になる夢を叶えるために、社会人の方や大学を卒業した方など年齢を問わずたくさんの方が本校に入学しています。保育士・幼稚園教諭の資格を両方取得するコースや、週4日は午前授業のコース等、再進学者が安心して学べる環境が整っています。

2019年度の内容です。国の制度によって、内容の変更の可能性があります

学費の給付・貸付など、
再進学に関わる各種制度のご紹介

給付型

長期高度人材育成コース

対象

①高等学校卒業(高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学資格検定)合格者を含む。)以上の学歴を有する方で、ハローワークに求職申込みをしており、公共職業安定所長の受講指示、受講推薦又は支援指示を受けられる方
②ハローワークにおける職業相談において、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングを受け、職業経験の棚卸し及び職業生活設計の結果、当該訓練の受講が必要と認められる方
③当該訓練コースを修了し対象資格等を取得する明確な意思を有する方
④国家資格等高い知識及び技能を習得し正社員就職を希望する方

制度概要

厚生労働大臣の指定を受けた養成施設(専門学校の保育科等)において、離職者などの求職者向けの保育に関する学科及び実技の訓練を行い、保育の専門職である「保育士」の資格取得(国家資格)を目指す2年間のコースです。

制度関連ページ

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/grp/01/hoiku.pdf

専門実践教育訓練給付金

対象

通算して雇用保険に2年以上加入実績のある方

制度概要

訓練経費(国が認めるものに限る)の70%が返還されます。
(50%を在学中に返還。卒業後1年以内に保育士資格を取得し、被保険者として雇用された場合は、更に20%を返還。)
※2019年4月入学生は、拡充後の70%が返還。(旧:60%)

制度関連ページ

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/senmonkyouiku_kyufu.pdf

専門実践教育訓練 支援給付金

対象

「専門実践教育訓練給付金」の受給資格を有していて、45歳未満の離職中の方

制度概要

在学中、2カ月ごとに雇用保険の基本手当(日額)の80%程度を給付されます。
※2019年4月入学生は、拡充後の80%が返還。(旧:50%)

制度関連ページ

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/senmonkyouiku_kyufu.pdf

高等職業訓練促進給付金

対象

児童扶養手当を受給する母子家庭の母、または、父子家庭の父
※遺族年金の受給に伴い、児童扶養手当を受給していない方なども対象。

制度概要

保育士養成施設(構成労働大臣指定)に在籍し要件を満たす学生に、返済不要の給付金を支給する制度。

市民税課税世帯:月70,500円×24カ月=1,692,000円

修了一時金(卒業後)25,000円

合計:1,717,000円

住市民税非課税世帯:月100,000円×24カ月=2,400,000円

修了一時金(卒業後)50,000円

合計:2,450,000円

制度関連ページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

貸付型

札幌市保育士修学資金貸付

対象

保育士資格取得後、札幌市内で保育士として就労を予定している方

制度概要

保育士養成施設(厚生労働大臣指定)に在籍している学生に対し、無利子で最大160万円を貸し付ける制度。
保育士資格取得後、5年以上、札幌市内の保育所などで勤務した場合は返済が免除となります。
※「保育所など」とは、放課後等デイサービスなどを含む。

制度関連ページ

https://www.sapporo-shakyo.or.jp/consult/loan/

返還免除

卒業後、1年以内に保育士登録を行い、引き続き週20時間以上で5年間、札幌市内の保育所なので勤務した際は返済が免除となります。
※「保育所など」とは、放課後等デイサービスなどを含む。
※「引き続き週20時間以上で5年間」とは、複数の施設での勤務が合算で5年間以上であれば返済を免除。(求職期間は3カ月以内であること)

北海道保育士修学資金貸付

対象

保育士資格取得後、北海道内(札幌市外)で保育士として就労を予定している方

制度概要

厚生労働大臣指定の保育士養成施設に通う学生に対し、最大160万円を貸し付ける制度(無利子)。保育士資格取得後、北海道内(札幌市外)の保育所などで5年以上勤務した場合返済が免除となる。

制度関連ページ

http://www.dosyakyo.or.jp/hoikukakuho/hoikukakuho_1.html

高等職業訓練促進「貸付金」

対象

高等職業訓練促進「給付金」の受給者

制度概要

ひとり親家庭の親の修学を容易にすることで、資格取得を促進。準備費用が多く必要な入学時と就職時に資金の貸付を行っています。
入学準備金(入学時)50万円まで
就職準備金(修了時)20万円まで
養成機関での修学を修了した後、保育士資格取得から1年以内に就職し、札幌内または北海道内の保育所などで5年間勤務した場合は返済が免除となります。(週の所定労働時間が20時間以上であること)
※「保育所など」とは、放課後等デイサービスなどを含む。
複数の施設での勤務が合算で5年間以上であれば返済を免除。(札幌市内の場合、求職期間は1年以内であること)

制度関連ページ

http://kosodate.city.sapporo.jp/material/files/group/1/00579200.pdf

http://doboren.jp/publics/index/19/

母子父子寡婦福祉資金貸付 技能習得資金

対象

母子家庭の母、父子家庭の父、または寡婦

制度概要

自ら事業を開始する、または、企業などに就職するために必要な知識技能の習得に必要な資金を貸し付ける制度。
札幌市の場合:連帯保証人が必要(金利0%)
札幌市外の場合:連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証認がいない場合有利子

制度関連ページ

http://kosodate.city.sapporo.jp/mokuteki/money/hitorioya/1123.html

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/homepage/kashitsuke.htm

母子父子寡婦福祉資金貸付 修業資金

対象

母子家庭の母、または、父子家庭の児童、父母のいない児童、寡婦が扶養する児童

制度概要

自ら事業を開始する、または、企業などに就職するために必要な知識技能の習得に必要な資金を貸し付ける制度。

制度関連ページ

http://kosodate.city.sapporo.jp/mokuteki/money/hitorioya/1123.html

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/homepage/kashitsuke.htm

国の教育ローン

対象

進学・在学する学生の保護者または一定の給与所得のある学生

制度概要

修学に必要な1年間の費用を貸し付ける融資。(最大350万円、返済期間15年以内)
保証人のいない方は、「(公財)教育資金融資保証基金」の保証を利用できる場合があります。

制度関連ページ

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

pegetop